初心者のためのホームページ作成動画解説付

ホームページの基本構造

ホームページの構造を覚える

ホームページ作りが面白くなってきましたか?
「自分でもホームページが作れるようになりそうかも!」と思っていただけましたか?
好きなホームページを作れるようになれば楽しいですね(^^)
では、いろいろなタグを覚える前にまずはホームページの基本的な構成・構造を覚えましょう。
ホームページを作るには最初にルールというか構成を覚える必要があります。
具体的には・・・
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
・・・
</head>
<body>
・・・
</body>
</html>
え~訳のわからない呪文のようなタグが出てきました。
「こんなの覚えなきゃならないのかよ…orz」と思うかもしれませんが、何回もホームページを作っていればすぐに覚えられるので心配ご無用です。 私も最初は意味が全くわかりませんでした。というか今でもよくわかってないです。
手打ちでやるの・・・???と思った方、コピペすれば良いんです!
では、簡単に説明します。 まず1行目
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
なんでしょこれ(^^;)私もよくわかりません。

「これから作るホームページのhtmlドキュメントタイプはHTML 4.01 Transitionalというモノに則って作りますよ~」ということだと思います。
htmlのドキュメントタイプには何種類かあるので、その中のHTMLのバージョンは4.01でTransitional=過渡的で作ります。ということです。
過渡的とは「ある状態から新しい状態に移る途中であるさま」と辞書にあります。なので昔のhtmlの書き方も今のhtmlの書き方も両方使用しても良いですよ、ある程度決まりはゆるいですよ、ということだと思います。(違ってたらゴメンナサイ)
2行目~最後まで
<html>
・・・
</html>

htmlという文字が出てきました。
前回の文章の文字色を変える時にも<font>~</font>とありましたが、基本、タグは<***>と</***>という様に対になってます。 そして、よく見ると<head>に対しては</head>があり、<body>に対しては</body>があります。
このようにホームページは対のタグで囲んでいくわけです。
わかりやすいように色を付けてみます。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
</head>

<body>
</body>
</html>
ということです。
<html>~</html>のタグの中に<head>~</head>というタグと<body>~</body>というタグがあります。
これが基本の形ですので、これを崩してはいけません。
headタグは、head=ヘッド=頭で、文書のタイトル等のヘッダー情報を記述します。
bodyタグは、body=ボディ=体で、ブラウザに表示される文書の本体を記述します。
今回は少し難しいですね(^^;)
ホームページを作っていけば徐々に覚えていくので、
ホームページ(webページ)で表示される部分は<body>~</body>の中に記述することと、
ホームページの基本構成はこう(上記の構成に)なっているんだと思っててください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

(゜д゜メ)ゴルァ
超意味不明という方
とりあえず下記をコピペしてください。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>初心者のためのホームページ講座</title>
</head>
<body>
今日はとっても難しかったです<br>
はやくホームページを作れるようになりたい・・・<br>
</body>
</html>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
とありますが、これは文字コードの指定です。
コンピュータは文字も数値としてデータがやり取りされます。どの文字を、どの数値で置き換えるかルールを決めたモノが文字コードです。
とりあえず、気にせずコピペしましょう~。